まずはご相談をお待ちしております

06-6265-3373
9:00~17:30(月~金)

STAFF BLOGスタッフ ブログ

【さんぱい!】

とろけるような夏も終わり、
秋風が心地よい季節になってきましたね。
初秋のアンニュイな夜に
 「月が綺麗ですね」
なんてキザな言葉を一度は言ってみたい浜田です。
さて私がジャルクに入社して、もうすぐ一年半がたとうとしています.
入社前は「産業廃棄物」なんてのは
特殊で身近には無く、あまり関わりのないもの
と思っていました。
しかし入社して社内勉強会を受けたり、現場での経験を積み、
極々わかりやすく例えるなら・・・
「例外はあるが、仕事(産業)で出るゴミは産業廃棄物」
これが自分の中で一番わかりやすいなと解釈できるくらいにはなりました。
※個人的な見解です。
ゴミを捨てるだけでなぜこんないろいろ難しいのだろう??
と思った事も正直ありますが、
なにせこれだけ人口が多い国です、
好き勝手に棄ててたらえらい事になりますね!
・・・人口が多い国???
と思った方もいらっしゃるのでは無いのでしょうか、
そうなんです!
日 本 は 人 口 が 多 い !
日本の人口ランキングは世界で11位なんです、
なのに面積ランキングは62位(377,915km2)
人口ランキングの9位がロシアですからね、
ロシアの面積ランキングは1位ですよハラショー!(17,098,242km2)
ちなみにお祭りによく行く国ランキングでは32位です(0.8回/年)意外ですね。
兎にも角にもこれだけの人口の国です、
皆がルールを守り適正処分やリサイクルをしてくれているおかげで
ゴミが散乱せず、外国人観光客にも喜んでいただける
綺麗な街並みが保たれていると思うと心がふわっとなります。
とは言え単純に廃棄するとなっても、
ややこしい部分があるのは事実ですよね。
ここ最近だと「蛍光灯」のご相談を多くいただきます。
平成29年6月9日
新・水銀規制の詳細を定めた改正廃棄物処理法施行規則などが公布されました。
昔は単なるガラスくず&金属くずで処分できていた蛍光灯ですが、
今は、しかるべき方法で処理先へ処分を委託してくださいねって感じです。
うわぁややこしい・・・ってなる人もいると思います。
どうすればいい?なにから始めれば?
そんな時はですね。
ジ ャ ル ク に 電 話 し て み る
大体これで解決します!産業廃棄物のスペシャリストが何でもご相談にのります!!
皆さまからのお電話お待ちしております。
浜田でした。

最近の記事

年別アーカイブ

まずは相談してみる

求人エントリーはこちら