まずはご相談をお待ちしております

06-6265-3373
9:00~17:30(月~金)

STAFF BLOGスタッフ ブログ

金(Au)が高騰してますね。

金の価格が上がっていますね。

ここ3週間くらいでさらにドーンと上がっています。

3年前で2,000円後半だったと思います。多分。

 

私たちはパソコンやOA機器をたくさん処理させていただいているので、基板類をたくさん取扱います。その基板類にはご存知のように金や銀が含まれており、最近では「廃電子機器類」は 都市鉱山と呼ばれフォーカスされています。

 

私たちはその基板類を仕分け・分別を行い、精錬所でもって金や銀などの回収を行っています。

精錬所での基板類の評価というのは、その基板に含まれる金や銀などの量ですので、たくさん金などが含まれている方が評価も高くなります。

 

いろんな種類の基板類がありますので、それらをうまく仕分け・分別するのも私たちの大事な仕事です。

 

分別の品質が悪いと、出荷後の評価が予定と全然違うという結果になったりします。

その「全然違う」は、想定よりも「良い」場合も「悪い」場合もあります。

しかし、出荷してみないと「結果」が分からないようであれば、「出たところ勝負」になってしまい、それでは数字を計算するのに困るので、誤差が想定範囲内で収まるように「仕分け・分別」を行います。このあたりは若干ですが、ノウハウだと思います。

 

そんな事で、「金価格」は分別等の作業にも関係してきます。

金の含有量が少なく分別しても付加価値が少ない基板類で、仕分けの対象にするかどうか

「微妙」な物もあるのですが、「金が高くなってきたからこのぐらいの基板も分別しましょう」となったりします。

これは金だけの話ではなくて、鉄や非鉄類も同じです。

 

大きな目で見ると、金の価格が高騰するのが良い事なのか悪い事なのかは分かりませんが、10年ぐらい前は1,000円/gぐらい(だったと思います・・^^;)だったものがこんなに上がってくると、当時は廃棄物扱い(貴金属の含有量が少なく「有価物」にならなかった)だったものが、今は有価物になるかも知れません。

 

という事は、昔は廃棄物として埋立処理や焼却処理されていた貴金属含有物が、近年の資源高により精錬所等で効率よく、かつ適正に貴金属類が回収され資源として社会へ循環する量も増える事でしょう。また、廃棄物が有価物になれば処理費用の削減にもなり、経済的にも良いでしょう。

 

そう考えれば「金(資源)価格高騰」は「循環型社会形成」「環境負荷軽減・廃棄物適正処理・資源有効利用」を促進する事に繋がるかも知れませんね。

 

まぁあまり詳しく物事を分かって話しているわけではありませんので、「話半分の半分」ぐらいで聞き流してください^^

 

ありがとうございます。【吉川】

最近の記事

年別アーカイブ

まずは相談してみる

求人エントリーはこちら