まずはご相談をお待ちしております

06-6265-3373
9:00~17:30(月~金)

STAFF BLOGスタッフ ブログ

低濃度のPCB廃棄物処理【第一回】

こんにちは、営業の田中です。
以前のブログで、
高濃度PCB含有機器の処理について書かせて頂きました。
今回は「低濃度」のPCB廃棄物について
まとめてみようと思います。
まず、PCB廃棄物はPCB濃度により分類されます。
高濃度PCB廃棄物と低濃度PCB廃棄物です。
低濃度PCB廃棄物はPCB濃度が0.5%(=5000ppm)以下のものです。
PCB含有の可能性がある機器を判別する方法は色々ありますが、
始めに製品名や製造年月日等の情報から、
PCB使用電気機器に該当するかどうかの判別を行ってください。
ただし、
銘板からはPCB使用機器に該当しなかったとしても、
場合によっては低濃度PCB廃棄物に該当する可能性があります。
例えば、高圧変圧器の絶縁油をPCB分析して、
低濃度PCB廃棄物と結果が出た場合、
認定施設での処理が必要です。
※PCB廃棄物は、低濃度であっても、行政への届出を行ってくださいね。
処理の流れについてはまた次回!
PCB含有判別作業やPCB分析作業等、
何でもお困りのことがあれば、ご相談ください。
まずはお気軽にお電話ください。
メールも随時受け付けております。
少しでもお役に立てれば幸いです。
お電話はコチラ→06-6265-3373
メールはコチラ→ジャルク「お問合せ」ページ

最近の記事

年別アーカイブ

まずは相談してみる

求人エントリーはこちら