まずはご相談をお待ちしております

06-6265-3373
9:00~17:30(月~金)

COLUMNお役立ち情報
産業廃棄物適正処理

2023年08月21日
新法・法改正について

2023年廃棄物処理法最新改正!デジタル技術を活用した現地確認が認められました!

2023年最新改正デジタル技術を活用した現地確認ができるようになりました!

環境省通知20230331~現地確認がデジタル化!~

以前コラムにも記載しました現地確認ですが、環境省がデジタルで行うことを認める旨の通知を出しました。(環循適発第23033125環循適発第23033110


世の中デジタル化が進んでおり、排出事業者の現地確認もデジタルが可能となりました。


 


デジタル現地確認例


 


皆さんは現地確認を行っていますか?



  • ・毎年行っている

  • ・数年に一度行っている

  • ・まだ行ったことがない


このように排出事業者によって様々だと思います。


なぜこのように排出事業者によって異なるのでしょうか?


以前のコラムもご覧頂きたいのですが、現地確認は廃棄物処理法上努力義務となっています。そのため、現地確認を行わなくても罰則に科せられることはありません。


※条例で義務化している行政もあります。


 


この努力義務というのが、現地確認を行っていない排出事業者が多い要因の1つです。


他の要因としては、



  • ・現地確認をそもそも知らない

  • ・現地確認を行うための廃棄物処理法の知識がない

  • ※廃棄物処理法の基礎知識を学んでみたい!という方はぜひジャルク無料セミナーへ!

  • 株式会社ジャルクの産業廃棄物処理法解説セミナー

  • ・処理業者の現場へ行って現地確認を行うのが、距離的にも時間的にも大変


各地に現地確認に行くのは大変


等があるのではないでしょうか。


この3つ目に挙げた要因は、特に委託している処理業者が遠方にある場合、非常に負担となります。


そこで、このデジタルでの現地確認が認められたことで、排出事業者にとっては負担の軽減にも繋がるのではと思います。


 


では、次にデジタルでの現地確認の方法をみていきましょう。


デジタルでの現地確認方法!

現地確認は、処理業者とコミュニケーションをとりながら確認を行うことがとても重要になります。


よって、環境省は、『廃棄物の処理が適正に行われていることを実質的に確認することができると認められるのであればデジタル技術を活用して確認することが可能』としています。


 


環境省が例として、



  • ・電磁的記録による許可内容や帳簿等の情報の確認

  • ・オンライン会議システム等を用いた処理施設の稼働状況や周辺環境の確認

  • ・情報通信機器を使用して産業廃棄物処理業者への管理体制の聴取


このような確認方法を挙げています。


また、排出事業者責任の重要性に対する認識や排出事業者と処理業者との直接の関係性が希薄になることがないと認められる場合は、複数の排出事業者が共同してデジタル技術の活用により廃棄物の処理の状況を確認することが可能としています。


 


このデジタルでの現地確認で大切なのは、現地に赴いて行う現地確認と同等のコミュニケーションや責任を果たせるなら、デジタルで行っても良いということです。


 


実地とデジタルどちらで現地確認を行うか


 


現地確認を行うことは排出事業者にとってリスクを免れる又は軽減するためにとても重要です。


何か事件が起こった時、現地確認を行っていたか?そして、現地確認を行っていたとしても、それはしっかり見抜けるような現地確認だったか?ということをチェックされます。


 


「デジタルが可能となったから簡単に済まして良い」ということではなく、どちらで行うにしても、排出事業者責任をしっかりと果たすことを目的に、必要に応じて実地又はデジタルで現地確認を行いましょう!




ジャルクでは、廃棄物処理法を分かりやすく解説する無料セミナーを行っております。

新しく担当になられた方にもわかりやすく、廃棄物管理実務に関わられるご担当者様の疑問点も解決いたします!


ジャルクの廃棄物セミナーはこちらをクリック↓


株式会社ジャルクの産業廃棄物処理法解説セミナー



一覧ページへ戻る

高品質な手分解・手選別作業
最適な処理をご提案

産業廃棄物
適正処理

セミナーから個別サポート
までコンプライアンスの
最新動向をご提供

環境コンサルティング

関連コラム

  • 2023年02月20日
    フロン排出抑制法強化!
    新法・法改正について
  • 2023年06月23日
    SDGsって何だろう?個人や会社、身近でできることもご紹介!
    新法・法改正について
  • 2023年02月20日
    有価物にも廃棄物処理法が適用!?法律違反をしないために気を付けるべきこと
    新法・法改正について
  • 18深刻!海洋プラスチック問題_2
    2023年10月31日
    魚の大量死の原因はタイヤ!?深刻化する海洋プラスチック問題を解説!
    新法・法改正について
  • 2023年02月20日
    マニフェスト規制強化の歴史
    新法・法改正について

まずは相談してみる

求人エントリーはこちら