まずはご相談をお待ちしております

06-6265-3373
9:00~17:30(月~金)

COLUMNお役立ち情報
産業廃棄物適正処理

2023年09月20日
新法・法改正について

話題!CO2排出量削減のためのサプライチェーン排出量とスコープって??

サプライチェーン排出量

サプライチェーン排出量とは?

皆さん、最近注目されているスコープ1・スコープ2・スコープ3を聞いたことがありますか?なんとなく聞いたことがあるかも・・・という方も多いのではないでしょうか。 


企業の脱炭素に欠かせないスコープ1・スコープ2・スコープ3ですが、詳しくは分からないという方が多いのも事実です。 


まずは、スコープのお話をする前に全体を表すサプライチェーン排出量から説明したいと思います。 


 


原料の調達や製品の製造、販売、消費や廃棄などの一連の流れをサプライチェーンと言い、このような事業活動のなかで発生する温室効果ガス排出量を、サプライチェーン排出量と言います。 


そして、サプライチェーン排出量を計算するため、スコープ1・スコープ2・スコープ3があります。 


 


今このサプライチェーン排出量が非常に注目されています。なぜなら、世界では温暖化対策として脱炭素が進められ、日本も2050年までにカーボンニュートラルを目指しています。 


カーボンニュートラルとは、「CO2排出量を実質ゼロにする」つまり、排出した同じ量のCO2を吸収又は除去するということです。 


サプライチェーン排出量は、自分達が実際にどれだけのCO2どの工程どれだけ排出しているかを把握するために必要なのです。 


それを把握すると、CO2排出量を減らすための対策が立てやすくなります。 


しかし、まだまだ課題もあります。サプライチェーンは原料調達等組織活動全体に関わってくるため、関連会社のCO2排出量も把握する必要があります。そのため、非常に時間と手間がかかります。 


また、CO2排出量の算定方法が定まっていません。そのため、関連会社の算定方法が違っていたりときっちり算定することが困難です。 


 


まだまだ課題は多いサプライチェーン排出量ではありますが、これから企業はCO2削減が求められる時代になります。それでは、排出のスコープをみていきましょう。 


サプライチェーン排出量~Scope(スコープ)~

サプライチェーン排出量はScope1(スコープ1)Scope 2(スコープ2)Scope3(スコープ3)を、全て足したものになります。 


 


Scope1:燃焼によって直接的に排出される温室効果ガスの量 


Scope2:供給される電気の使用に伴って排出される温室効果ガスの量 


Scope3Scope1、Scope2以外に間接的に排出される温室効果ガスの量 


 


サプライチェーンでのCO2排出


 


図からも分かるように、廃棄物に関わるのがScope3になります。 


現在様々なシステムが出てきており、これから計算も統一され容易になっていくと思いますが、まだまだ課題も多いのが現状です。 


特に中小企業がサプライチェーン排出量を取り入れるのは大変でしょう。 


我々ジャルクでも、エコアクション21を運用しており、燃料や電気使用量でのCO2排出量を算定し削減するために策を講じております。 


しかし、廃棄物の排出量は計算していても、それに対応したCO2排出量はまだ計算できておりません。今後のシステム構築に期待です。 


 


これからはもっと脱炭素が進み、企業はCO2排出量削減が求められる時代になります。そしてその取り組みは顧客への信頼に繋がり、会社としての社会的価値も上がるでしょう。 


 


環境に対する意識の高さは大企業も中小企業も必ず求められることになります。最初は大変ですが、根気強く運用し、CO2排出量の削減に繋げていくことが地球環境・人類の未来・企業の未来を守ることに繋がるのではないでしょうか。 


 


CO2排出量を抑制することで生まれる効果


 




ジャルクでは、廃棄物処理法を分かりやすく解説する無料セミナーを行っております。

新しく担当になられた方にもわかりやすく、廃棄物管理実務に関わられるご担当者様の疑問点も解決いたします!


ジャルクの廃棄物セミナーはこちらをクリック↓


株式会社ジャルクの産業廃棄物処理法解説セミナー



一覧ページへ戻る

高品質な手分解・手選別作業
最適な処理をご提案

産業廃棄物
適正処理

セミナーから個別サポート
までコンプライアンスの
最新動向をご提供

環境コンサルティング

関連コラム

  • 18深刻!海洋プラスチック問題_2
    2023年10月31日
    魚の大量死の原因はタイヤ!?深刻化する海洋プラスチック問題を解説!
    新法・法改正について
  • 2023年02月20日
    フロン排出抑制法強化!
    新法・法改正について
  • 2023年06月23日
    SDGsって何だろう?個人や会社、身近でできることもご紹介!
    新法・法改正について
  • 2023年02月20日
    有価物にも廃棄物処理法が適用!?法律違反をしないために気を付けるべきこと
    新法・法改正について
  • 2023年最新改正デジタル技術を活用した現地確認ができるようになりました!
    2023年08月21日
    2023年廃棄物処理法最新改正!デジタル技術を活用した現地確認が認められました!
    新法・法改正について

まずは相談してみる

求人エントリーはこちら